本体仕様

本体寸法 100(W)×200(H)×30(D) RAM 64K
本体重量 218g 外部デバイス SDカードスロット
電源電圧 DC10-32V PC用 I/F RS232C シリアルポート
仕様温湿度範囲 0±50℃(20-85%) 標準 I/F CAN,ISO9141,KWP2000,J1850PWM,
J1850VPM,KWP1281,DDL,MMC
CPU  ARM Cortex M3 LCD  160×105ドット FSTNホワイトバックライト
ROM(OS) 256K OS オリジナル
ROM(AP)  2GB(SDカード)  操作キー 6キー

セット内容

●TPM1000 本体、OBD-II Bケーブル、バッテリー接続ケーブル、SDカード、SDカードリーダ、
パッキングリスト

※セット内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
※シガーケーブルについて
・いすゞエルフ、三菱ふそうキャンター(一部の車輌)で診断コネクターから電源供給ができない場合に
 使用します。
・プリンターに使用すると、プリンター本体が故障します。

標準ソフト

●国産乗用車/トラック ※トラックソフトは自己診断のみ
トヨタ、日産、ホンダ、三菱、スズキ、ダイハツ、マツダ、スバル、いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックス

●グローバルOBD-II 対応メーカー
パワートレインのみ(エンジン、エンジン&トランスミッション)

オプションソフト

●国産トラック ※診断(作業サポート)
いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックス

●輸入車
ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、アウディ、ミニ、アルファロメオ、フィアット

TPM1000の特長

●簡単操作
エンジン、ABS、エアバッグはダイレクトで診断。その他のシステムは、全自己診断から確認できます。

●国産乗用車・国産トラック全メーカーに対応
従来のスキャンツールはPコードに限定されていましたが、TPM1000は、Cコード(シャーシ)やBコード(ボディ)等の故障コードの読取にも対応しています。

●グローバルOBDII車に対応
輸入車はグローバルOBDIIでエンジンが診断できます。

●ハイブリッド車の作業にも対応
整備モード、電子制御ブレーキシステムのエア抜き等が行えます。

●印刷機能
ダイレクトプリンターTPM-PR(オプション)で自己診断結果やディスプレイに表示したデータを直接印刷することができます。

●収益性がアップ
今までディーラーに持ち込んでいた多くの作業が、TPM1000を導入することにより、自社で可能になります。

●ソフトウェアのアップデート機能
インターネットでユーザー登録を行っておくと、ソフトウェアのアップデートが簡単にできます。(購入1年間無料)