セット内容

●TPM-R 本体、SDカード、SDカードリーダー、Bluetooth通信アダプター、OBD-II接続ケーブル、
シガー電源ケーブル、クイックスタートガイド、ハードケース

※セット内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
※シガーケーブルについて
・いすゞエルフ、三菱ふそうキャンター(一部の車輌)で診断コネクターから電源供給ができない場合に
使用します。
・プリンターに使用すると、プリンター本体が故障します。

標準ソフト

国産乗用車
トヨタ、日産、ホンダ、三菱、スズキ、ダイハツ、マツダ、スバル

●トラック
いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックス

●輸入車
メルセデス・ベンツ、BMW、BMW・ミニ、フォルクスワーゲン、アウディ、アルファロメオ、フィアット

●グローバルOBD-II 対応メーカー
パワートレインのみ(エンジン、エンジン&トランスミッション)

TPM-Rの特長

●アクティブテスト機能
シミュレーションテストを行うことで、故障診断の作業効率を高めます。例えば、パワーバランスで任意の気筒を1気筒毎停止することにより、失火シリンダーの特定や各気筒の状態を確認できます。

●作業サポート
部品交換時の学習やディーゼル車のDPF再生、インジェクター登録、HV車のABSブレーキオイルエア抜き、モード移行、EV車のウォーターポンプ駆動などに対しても充実した機能です。

●カスタマイズ機能
車両の設定変更が可能なカスタマイズ機能を備えています。オートライト感度調整、デイライト設定、リアワイパーリバース連動設定など、お客様のご要望に応じたきめ細かいサービスが行えます。

●Bluetoothによるスマートフォン・タブレット連動
Bluetoothによって瞬時にスマートフォンやタブレットとの連動が可能なことで、車外で少し離れた場所でのアクティブテストや、事務所内でのお客様への診断結果をタイムリーに提示していただけます。

●国産乗用車・国産トラック・輸入車全19メーカーに対応
従来のスキャンツールはPコードに限定されていましたが、TPM-Rは、Cコード(シャーシ)やBコード(ボディ)等の故障コードの読取にも対応しています。

●グローバルOBDII車に対応
輸入車はグローバルOBDIIでエンジンが診断できます。

●ハイブリッド車の作業にも対応
整備モード、電子制御ブレーキシステムのエア抜き等が行えます。

●言語切替え機能
日本語、英語の言語切替えができます。

●印刷機能
TPM-R専用Bluetoothミニプリンター(オプション)で自己診断結果やディスプレイに表示したデータを直接印刷することができます。

●収益性がアップ
今までディーラーに持ち込んでいた多くの作業が、TPM-Rを導入することにより、自社で可能になります。

●ソフトウェアのアップデート機能
インターネットでユーザー登録を行っておくと、ソフトウェアのアップデートが簡単にできます。(購入1年間無料)

●診断
ECUの数が非常に多いCAN車両では、全てのシステムの診断が最重要です。

●データ表示
ライブデータの全選択、個別選択、保存機能があります。

●フリーズフレーム
DTC検出時の実測値を保存表示します。

本体仕様

本体寸法 W215xH115xD28 mm RAM 64MB
本体重量 366g 外部デバイス SD カードスロット
電源電圧 7-35VDC PC 用I/F USB2.0 (Host)、
RS232Cシリアルポート
使用温湿度
範囲
0~ 40℃
(15-95%)
標準I/F CAN (ISO-11898, ISO-11519, SAE-J2411),
K-Line / L-Line (ISO-9141,
ISO-9141-CARB, KWP2000, SAE-J1850, SAE-J1708),
Generic (pull-up/pull-down UART x 2) DDL, MMC
保存温湿度
範囲
-20~ 50℃
(15-90%)
LCD 4.3 インチWQVGA(480 RGBx272 pixels)
TFT カラー液晶
CPU ARM Cortex M3
(120MHz) 
OS FreeRTOS
ROM(OS) 512KB 操作キー ENTER, EXIT, ↑
ROM(AP) 4GB(SD カード)

※改良のため予告なく型式および仕様を変更することがあります。